読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カニのむき身

このむき身。 どう見ても、爪に近いほうの節から取ったもの。 細くて短くて。 よくまぁ、こんなにきれいに取り出すよな。 そこそこ入って、1パック300円ほど。 これは使いようだなぁ。 グラタン、コロッケ、ピザ。 クリームかチーズと合わせるのがいいだろ…

菜の花のパスタ

一掴みの分量で、100円ぐらい。 菜の花の苦みを期待して購入。 軽く茹でて、ざるに取り。 水を切ったら、ざっくりと。 パスタを茹で始めたら、フライパンにオリーブオイルとニンニク数片。 すり潰したアンチョビも加えて、香りを立てて。 パスタの茹で上がり…

チューリップ

例の「地面を突き破った」チューリップ。 一週間前は、こんな感じ。 今日は、こんな感じ。 中心につぼみが! ここにも、ささやかな楽しみが。 来週は、どんな状態になっているのだろう。 手をかけ、目をかけたものがグングン育つと、うれしい。 ガーデニング…

ささやかな楽しみ

1)玄米とか麦ごはんとか、結構、好んで食べている。 あの歯ごたえが好き。 でも、カレー、ハンバーグ、麻婆豆腐、青椒肉絲などなどトロリ系のおかずには白飯。 白飯じゃなければ。 2)立って作業、座って作業。 そうして僕の一日は過ぎていくけれど。 さ…

暖かくなってきた

風は、ぼんやりとした、それでいて心をウキウキとさせる匂いを運んできた。 日差しは、それを目にするだけで温もりを感じさせてくれた。 うれしいよね。 しばらくは、こんな感じの陽気が続いて欲しい。 去年の11月に植えたチューリップの球根。 ついこの間ま…

春キャベツのクリーム煮 XL

4月だというのに、寒い。 寒いから温かいものを食べたくなる。 春キャベツ。 巻きが緩くて柔らかい。 それは大変結構なんだけど、葉と葉が絡まって、なかなかほどけない…。 下準備はそこそこ大変だけれど。 溶けるようなロールキャベツが食べたくて、作業に…

パソコン

今、VISTAを使っている。 以前使っていたWindows7が不調になり、VISTAが入っているパソコンを使わざるを得なくなり。 VISTAはSONYのパソコンに、Windows7はNECのパソコンに。 「ちょいと動きが遅いが、まぁいいか」と使っていたけど。 「4月11日(だった…

パプリカ

今年の冬は、なんというか、ダラダラモード。 いつまでも寒く、いつまでも雪が降ってくる。 夏の暑さが恋しくなる。 テレビのドラマも、10ー12月期に比べ、1-3月期はイマイチ。 録画した番組を、湯あがりにボケーッと観るのが好きなんだけど。 再生できる…

たらばがに

魚屋に行ってみた。 たらばがお得な値段で。 正月の売れ残りの大放出か? 茹でがにとか、焼きがにとか、しゃぶしゃぶのかにとか。 かにそのものを食べたいとは思わないけれど、材料の一部として使われるかには好きだなぁ。 僕にとってかにとは、ハーブのよう…

チェンバロ

NHK第二放送「カルチャー・ラジオ」で、バッハの音楽が取り上げられている。 バッハのチェンバロ、最高! 大学時代のバイト先がバロック音楽喫茶で。 僕の精神はバロック的な構造物になっていった。 店内でJ.S.バッハのチェンバロ曲が流れてくると、キリッと…

オールナイトニッポン

ミュージック10で、「この世の終わりに聞きたい音楽」を募集している。 この世の終わりかぁ。 この世の終わりを想像するのは難しいことだけれど。 静かに息を引き取ることができるような、そんな終わりであって欲しい。 それは甘いか。 やはり、火山が噴火し…

一年前の

ブログを振りかえりませんか、だったかな、そんなお知らせが「はてな」から届いた。 「サボってないで、たまには書いたら?」というお誘いというか、脅かしというか。 尋常ではない雪かきから、一時的にではあっても解放され、身も心も立ち直りつつある。 本…

冬将軍、去る

新年を迎え、みなさんのブログを読みたいな、自分でもブログを書きたいな、と思っていた矢先...。 先々週末からの大雪。 いや、本当に、まいった。 毎日毎日大雪で、毎朝毎朝5時起きで雪かき。 夜は夜で雪かき。 屋根に降り積もった雪を見て、家が潰れるん…

年の暮れ

日持ちしそうなものから重箱に詰める料理を作り始めて。 今日は、数の子の塩抜きとニシンの昆布巻き。 正月料理と言ったって、結局は、普段と変わらぬものを食べるんだろうな。 カレーとか生姜焼きとか天ぷらとか。 あれこれやることがあると、なぜか麺類を…

カップ麺

といえば、日清か。 先日、ラジオに耳を傾けていたら、カップ麺ランキング。 そこでは、上位3位は日清が占めていた。 3位・シーフード、2位・カレー、1位・オリジナル。 放送を聞いていた僕は、大きく肯いた。 こんな僕に、カップヌードルのプレゼント。…

結婚できない男

フジテレビ、おもしろいドラマを作っていたね。 高島礼子の旦那がらみで、一時、再放送が危ぶまれていたけれど。 不器用で屈折した四十男の阿部寛。 表情豊かで包容力のある妙齢の夏川結衣。 結婚を後回しにしてきた自分を車庫に入ったままの車に例え、そろ…

不可解な出来事

ある契約を解きたくて、契約先に電話した。 担当の女性と一通り話をして電話を切るときに、相手の名前を確認した。 追加で用件が発生したときに、スムーズに事が運ぶようにと。 「すみません、もう一度、お名前を伺えますか?」 「山本です」 「山本さんです…

さといも

寒くなってくると、そう、トロッとしたりネチッとしたものが食べたくなる。 柔らかく煮たさといもなんかいいよな。 さといもを洗って、皮をむいて、塩を回して。 ザッと洗って水を切ったら、油を熱した鍋の中に。 いんげん、ちくわの輪切りと一緒に炒めたら…

めばる

普段は500円程度のめばるだけれど、時期になったね、今日は1,080円。 体長も重量も、いつもの倍。 楽しみよ。 うろこをはがし、内臓を筒抜きして、背中と横腹に包丁を入れる。 鍋に多めに日本酒を入れて煮切り、水を差して温度を下げる。 魚を入れて蓋をして…

ピーマンのカキ詰め ベーコン巻

カキと言えば、そう、ピーマンに詰めて食べるのも、結構、イケる。 ピーマンを割って、粉を振り。 カキを洗って、ピーマンに詰め。 ベーコンを巻いて。 フライパンにバターを溶かし。 巻き終わりを下にして、カキを詰めたピーマンを滑り込ませ。 焼き色がつ…

ぶーさん

小学生の頃、僕は水泳教室に通わされていた。 プールに辿り着くまでが、もう、一苦労。 自宅からバスに乗って、スイミングクラブの事務所まで30分。 そこから、クラブ所有のバスに乗って40分。 なんだかんだで、家を出てからプールに入るまで2時間はかかっ…

豚肉の生姜焼き

ある日突然、発作的に、衝動的に、偏執的に、生姜焼きが食べたくなることがある。 濃い目の醤油味で、ピリ辛で、それでいて微かに甘く。 固めに炊いた、湯気立ち上るご飯にのっけて。 ...薄い肉は、軽く塩をして熱いフライパンに載せ、素早く焼き色をつける…

カキフライ

「くちばしの黄色いさんまが出ないなぁ」「太ったさんまが出ないなぁ」と言っているうちに、カキの出番。 うう、粒が大きい! 8粒入って、600円ほど。 カキフライの醍醐味は、外側カリッと、中チュルルン。 タルタルソースの酸味と相まって、胃袋に収まるこ…

老眼鏡

手元の小さい文字が読みづらいな、と思うようになったのは1年ほど前から。 文字がぼけて見えたり、かすんで見えたり。 ああ、大人の階段の先は、加齢の階段か。 思い切って、眼科に行ってみた。 「老眼ですね。年齢的なものです」 もう、そんな歳になってい…

あさがお

掃き掃除をしようと思って、裏庭に出た。 サッサッと掃き進めながら、ふと脇に目を遣ると。 おや、あさがお。 まぁまぁ、これから寒くなるというのに。 こんなに元気よく咲くなんて。 蔓にはつぼみがいくつかついている。 はて、なんでこんなところであさが…

時は流れて

チャポンと音を立てて湯船に浸かる。 ボォ~っとできる貴重な時間。 今は存在して当然で、「ああ、時代は変わったな」と思わせるものがある。 電話を持って歩けなかった頃、トランシーバーが欲しかった。 携帯電話あるんだもの、トランシーバーなんて、まず…

欠けたまつたけ

久しぶりにデパートへ。 地下の食料品コーナーでまつたけを見てみる。 国産は1万円からか。 高いな。 今年もカナダ産でよしとするか。 カナダ産だって香りはいいよね。 「まつたけごはん、食べたぁ」という気分にはさせてくれる。 で、カナダ産。 5,000円か…

海老天丼

使う海老は車海老。 せめてブラック・タイガー。 でも今日は、「お刺身にどうぞ」と書かれた赤海老。 どうなのよ。 値段もお安く。 5尾で500円強。 アルゼンチン海老で作った時は、身が柔らかすぎてがっかりだったけど。 赤海老は程よい大きさで、期待させ…

いちじくのタルト

庭のいちじくの木。 実がたくさんついて。 今年は豊作。 生で食べてもジュースにしても、実りのスピードに追い付かない。 ジャムを作っても間に合わない。 人に配ってもなお余りあり。 タルトにでもしてみるか。 アーモンドクリームの代わりに、くりのクリー…

トースト

コーヒー2~3杯で朝をスタートさせる僕だけど。 ときどき、トーストをかじったりする。 時間がなければ、マーガリンを塗りつけるだけだけど。 それなりにお腹を満たしたいときは、手間をかけたりする。 何を載せる? チーズとハムは欠かせない。 ハムがな…

くり

くり拾いに行った人からくりをもらった。 大きくて、結構立派なくりなので、驚いた。 虫に食われたのも少なくて、いいね。 お湯をグラグラと沸かして。 火を止め、ゴロゴロ・ボトボトとくりを入れる。 一分ほど待って、ざるに取る。 ふきんで軽く水気を取っ…

あさり

このあさり、でかいよなぁ。 千葉県産で、一粒150円。 聞くところによると、この貝、ルーツはアメリカにあるらしい。 アメリカ......コーラにハンバーガーにケーキに、なんでもビッグ(驚)。 焼き物用とパッケージには書かれているけれど、はまぐりよろしく…

ポークソテー

「このお肉の脂、あまいのよね」 デパートの肉売り場でウインドウの中を覗いていると、隣にいたおばさんがそう言った。 そのあまさは、もちろん、砂糖の甘さではなく、旨みに由来するもの。 調味料に仄かなあまさのある、あの感じ。 上質な脂身を口にすると…

シャイン・マスカット

を、購入。 生産者から直接買うことができ、一房500円。 皮も食べられ、種もなく。 僕は巨峰派なんだけど、ちょいと浮気して食べてみる。 安価ということもあって、多めに手に入れた。 少し瓶詰にして、とっておこう。 コンポートして瓶の中に。 瓶詰したも…

外国語

行ってみたい国があって、その国の言葉が話せたら楽しいだろうと思って、会話の本を買ってみる。 読んでいるうちに、日本語と英語の知識だけではどうしても消化不良になってしまうものにぶち当たる。 NHKの「まいちに○○語」を買ってみたり、当該語の参考書を…

あかむつ

くだものは、ひと月早く盛りを迎えているようだけれど。 魚は...。 海水温が高いから、日本の近くに寄ってこないと聞いた。 脂が乗った魚は、遠くに。 こちらはひと月遅れなのか。 さんまも太り方が足りない。 ズングリしたさんま、見ないなぁ。 いいものは…

たまご

窓を開けると涼しい風が入ってくる。 温かなそばが食べたくなる。 庭から生みたてたまごを取ってきて。 麺を茹でて丼に取り、熱い汁を入れる。 コンコンと殻を割り、たまごを麺の上に。 おお! 黄身がふたつかぁ。 なんかいいな。 くじ引きで、久しぶりに商…

冬瓜のあんかけ

夏に冬瓜を食べると風邪をひかないと聞いている。 もう秋だけれど。 南瓜でも同じことが言われているかな? 後者に関しては、自信がない。 皮が堅くて、実がスポンジのような冬瓜。 皮と種は除いて、わたは残して。 適当な大きさに切って茹でると、素敵な透…

桃のタルト

桃をもらったぁ! 大好きな桃。 カリコリしていて、甘くて。 こういうのがいいな。 涼しくなってきたし、焼き菓子もいい。 タルトで行こう。 桃をカットして、バターソテー。 ソテーしながらフィリングのことを考えてみる。 そういえば、棚に入れっぱなしの…

「させていただきます」症候群?

ここ10年ぐらいだろうか、「○○させていだきます」という言い回しが増えているような気がする。 「今回、この研修会に参加させていただきました××です」 えっ? この研修会、参加するのに何か特別な許可が必要だったの? 参加資格を満たして、参加費を払えば…

なすのグラティネ

なすを収穫していると、長~いのが一本。 「へたの部分を落としたら、グラタン皿にフィットしそうだな」と、僕。 「グラティネ、いいんじゃない?」と、なす。 プチトマトもたくさん採れたし、これでトマトソースを作ろう。 ナスを縦割りして。 軽く塩してバ…

なすの蒸しまんじゅう

庭に植えたなす。 天候のせいなのか、肥料のおかげなのか、実るは実る。 きゅうりと違って、なすは煮る焼く揚げる、なんとでもなるので重宝するのだが。 でも、その生産量に消費量が追いつかない! さっさと食べなければ。 蒸しまんじゅうにしておけば、気の…

スペアリブ

700円強のスペアリブ。 ハーブで香りをつけて、グリエして、マーマレード風味のソースで食べようか。 下味をつけて、少し寝かせて。 水気を軽く拭ってフライパンにのせたのだけれど。 どうしたことか、途中から煮込み料理に変更。 焼きながら「骨からおいし…

今日は...

涼しかった。 いや、ほとんど寒かった。 外の空気を入れようと窓を開けることもなかったし、 扇風機を回すこともなかったし、 蚊取り線香に火をつけることもなかった。 熱いコーヒーを飲みたいと思い、 長袖のシャツを着たいと思い、 ストーブに火を入れたい…

麻婆豆腐

暑いなぁ。 額に汗がにじむなぁ。 何となくボンヤリ。 こんな日はそうめんで軽く済ませるのがいいのかな。 それとも、さらに汗が出るようなものを食べるのがいいかな。 何を作るにせよ、結局は煮炊きをして汗をかくんだ。 豆腐があった。 豆板醤、テンメン醤…

オムライス

お手軽にできてしまうので、ついついテーブルの上に。 昔のオムライスは、ペラペラの卵焼きに巻いて、ケチャップをかけて。 ステンレスの長細のプレートに載せて、パセリを添えて。 国旗が貼りつけられた楊枝が突き刺されていて。 もちろん大人を意識したオ…

カレーソース

カレーのソースを作るのは、楽しい。 何を使ってフォンを作るか、スパイス&ハーブはどれを使うか、調味料は何を選ぶか。 ホーローの鍋を前にして、暫し目を閉じてみる。 ソース4人前をイメージして、と。 大玉タマネギを2個、粗く切って鍋の中へ。 バター…

僕等の時代

「あなたの時代が終わったわけでなく あなたが僕たちと歩こうとしないだけ」 と、小田さんが歌っていたのは30代の頃だと思うけど。 還暦を迎えた小田さんは、自分が書いたこの詩を、どんな思いで読み返すだろうか。 自分の30代。 「もう、あのおっさん、動か…

冷やし中華

9月の声を聞けば、暫くはさよならか。 卵、ハム、きゅうり。 あれ、きゅうりないじゃん。 仕方ない、なしで。 鶏ガラ、にぼし。 ねぎの青い部分。 ガラの香りと風味、にぼしの苦みと旨み。 これがベース。 オイスターソースに醤油。 さとう少々に、めんつゆ…

半年も経っていた!

みなさん、こんばんは。 いやぁ、浦島太郎だ。 決してタイやヒラメのフラダンスに興じていたわけではないのだけれど。 僕の中の時間は数日でも、カレンダーは6枚もめくられていた! 月と太陽は、180回も入れ替わっていた!! 最近思うことと言えば、テレビ…